×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



[ナイスな情報]

探し物はなんですか?
NET通販マガジン

-- MENU --

<食・料理>

→牡蠣の料理簡単レシピ
→松居一代の圧力鍋
→食品衛生管理者 資格取得
→りんごのケーキの作り方
→じゃがいも料理ほくほく知識
→手作りチョコトリュフ
→ひな祭り寿司の作り方

<マネー・費用>

→墓石の値段価格や種類
→離婚慰謝料の相場
→一人暮らしの費用
→引越の相場
→法事の金額
→遺産相続 遺留分
→お見舞金額
→コンタクトレンズの値段
→農協マイカーローン
→ソフトバンクの株主優待
→テレビリサイクル料金。買取
→格安高速夜行バス情報

<暮らしの知識>

→面接のマナーや服装
→婚姻届の書き方出し方
→ゴルフクラブのレンタル
→焼香の仕方や作法
→法事のマナー
→法事の案内状
→排水溝のつまり
→お盆のお供え
→冷蔵庫が故障
→ぬいぐるみの洗濯
→アロマキャンドル作り方・使い方
→カレンダー無料ダウンロード集
→解凍ソフトの無料ダウンロード
→無料のスクリーンセーバー
→女性用スーツ選び方
→お見合いのマナー身だしなみ

<興味深い話題>

→手相 結婚線
→風水でカーテン選び
→roxyアウトレット
→緑茶の効能効果
→北京オリンピック スケジュール日程
→ヘナで毛染め体験記
→ネイルアーティストの資格取得
→女性は資格でジャンプ
→日帰り温泉は格安満足プランで
→ひな祭りの楽しい過ごし方

<もの・物・MONO>

→秋冬スカート
→グッチ財布男性用
→敬老の日プレゼント
→アロマ虫よけスプレー
→アクオスのパソコン機能
→PORTERリュック
→マスプロ 地デジチューナー
→マークジェイコブスのエコバック
→家庭用シュレッダー
→レンタル浄水器
→吉田カバン・ポーター
→オニキス・パワーストーン
→COACHの長財布
→エルメスガーデンパーティ

<アラカルト>

→kat-tun コンサートチケット
→嵐のコンサートチケット
→甲子園 優勝予想
→夏休みは工場見学で決まり
→家庭用プール 子供用プール
→大阪・京都・東京の国立美術館
→錦織 圭(にしこり けい)
→バレンタインプレゼント
→ホワイトデーお返し
→結婚式の簡単ヘアアレンジ
→謝恩会のヘアアレンジ

ひな祭り料理。市販のもので作る「カンタンひな祭り寿司」のレシピ

ひな祭り料理といえば、何となく「ちらし寿司」が食べたくなります。でも「ちらし寿司」となると椎茸を煮たり錦糸卵を作ったりするのを考えると、大変だなぁ・・と思うのも正直な気持ち。忙しい時は無理せず、手間のかかるものは市販のものにお任せして手軽に「カンタンひな祭り寿司」を作ってしまいましょう。「カンタンひな祭り寿司」の主な材料はちらし寿司の素(煮た具にすし酢も入っているタイプ)、椎茸の甘煮(瓶詰め)、高野豆腐の含め煮(煮て真空パックになっているもの等)、卵、絹さや、カニかま、レンコン、海苔、ゴマ、スモークサーモン、玉ねぎなど。まずふつうにご飯を炊き始め、その間に「ちらし寿司」の具を準備。卵は簡単に炒り卵にします。2〜3コを溶きほぐし塩、砂糖などでうすく味をつけ、フライパンでお箸を5〜6本使い細かいそぼろ状にします。高野豆腐はだしを軽く絞って1pほどのサイコロ型に、カニかまはざっとほぐしておきます。小鍋にお湯を沸かし、煮立ったら少し塩を入れ筋を取った絹さやをさっと茹でます。同じお鍋に酢を加え、皮を剥いて薄く切ったレンコンを歯触りが残る程度に茹でます。

ハローキティひなあられなど、ひな祭り関連商品情報はこちら★★>>

「カンタンひな祭り寿司」はご飯を研いでから完成まで1時間ほどでできる料理です。

ご飯が炊けたら買ってきた『ちらし寿司の素』を入れ、切るようにさっくりと混ぜながら冷まします。さらにゴマ、茹でたレンコンを粗みじんに切ったものを混ぜて器(すし桶か大皿、重箱など)に移します。ここまでくれば、もう「カンタンひな祭り寿司」もできたも同然。あとは飾りつけをするだけです。海苔を細く切ったもの、サイコロ状の高野豆腐、瓶詰めの椎茸を全体に乗せてから、炒り卵をまんべんなく敷き詰め、ほぐしたカニかまも彩りよく散らします。スモークサーモンの薄切りを花びらのようにクルクルと巻き、お花のような形にして、芯の部分にマヨネーズを少し入れみじん切りのさらし玉ねぎを飾ります。同じようなものをいくつか作り、真ん中かどちらか片側に寄せるように飾り付けて、あとは茹でた絹さやを葉っぱのように置けば「カンタンひな祭り寿司」完成です。見た目も華やかで、お口に入れるとおだしの染みた高野豆腐の柔らかさと、シャキシャキとしたレンコンのハーモニーも楽しいひな祭り寿司。ご飯を研いでから完成まで1時間ほどなので、忙しいママやミセスにもおすすめです。

せっかくだから、ひな祭り寿司に合う手軽なサイドメニューも作りましょう。

さて、おいしそうにできあがったお寿司ですが、お味が甘めなので、ここは、さっぱり塩味のお吸い物も欲しいところ。ただ最近はハマグリも高価だったり中国産だったりするので、アサリかシジミのお吸い物でもいいですね。お椀に八分目の水×人数分をお鍋に入れ、1人分につき大さじ1のお酒を加え、煮立ったところによく洗った貝を入れます。貝から塩分が出るので、もし味が薄ければ少量の昆布茶と薄口醤油で味を調え、菜の花の先の部分だけ入れて煮立ったら出来上がり。あと、おひな祭りメニューと言えば「ぬた」ですが、野菜をたっぷり摂りたいので我が家では酢みそドレッシングのサラダにしてしまいます。小さめの短冊に切った長芋とワカメ、あとはレタス、サラダ菜、キュウリ、トマトなど野菜は何でもOKで、それらをざっと混ぜ合わせ器に盛ります。油揚げはお湯をかけて油抜きし、ペーパータオルでよく水気を取ってからお醤油をうすく塗りトースターで少し焦げ目がつくまで焼き、短冊に切ってサラダの上に。ドレッシングは、これもまた市販のフレンチタイプとカラシ酢みそを合わせるだけ。好みでレモン汁をかけてどうぞ。


spacer.gif